1. HOME
  2. 研究内容(計画)

研究内容(計画)

A01

A02

科研費

研究内容(計画)

研究項目A01 発達期の臨界期神経回路再編成のメカニズム

発達期小脳におけるシナプス刈り込みの臨界期の解明 領域代表・
研究代表者
狩野 方伸 東京大学 大学院医学系研究科(医学部) 教授
視床のシナプス刈り込みにおけるプレシナプス機能変化の解明 研究代表者 宮田 麻理子 東京女子医科大学 医学部 教授
研究分担者 鳴島 円 生理学研究所 基盤神経科学研究領域 准教授
臨界期における大脳皮質神経回路の多様性形成メカニズムの解明 研究代表者 大木 研一 東京大学 大学院医学系研究科(医学部) 教授
臨界期を特徴づけるスパイン構造可塑性の分子動態の解明 研究代表者 内ヶ島 基政 新潟大学 脳研究所 准教授
The role of experience in critical period modulation: From qualitative to quantitative evidence 研究代表者 辻 晶 東京大学 ニューロインテリジェンス国際研究機構 助教

研究項目A02 臨界期の操作・再開と脳傷害後の臨界期のメカニズム

臨界期の神経回路再編成における注意の役割の解明 研究代表者 ヘンシュ 貴雄 東京大学 ニューロインテリジェンス国際研究機構 特任教授
臨界期の回路網形成に関する注意下の擬アトラクター理論による基礎理論構築 研究代表者 金丸 隆志 工学院大学 先進工学部 教授
研究分担者 合原 一幸 東京大学 特別教授/東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構 主任研究者
脳卒中患者の機能回復における臨界期の回路研究 研究代表者 高橋 琢哉 横浜市立大学 医学研究科 教授
脳卒中後の機能回復臨界期における神経回路操作 研究代表者 牛場 潤一 慶應義塾大学 理工学部 准教授

このページの先頭へ