1. HOME
  2. 研究内容(計画)
  3. 宮田 麻理子、鳴島 円

研究内容(計画)

A01

A02

IRCN-iPlasticity International Symposium

科研費

研究内容(計画)

A01 発達期の臨界期神経回路再編成のメカニズム

研究項目 A01
研究課題 視床のシナプス刈り込みにおけるプレシナプス機能変化の解明
研究代表者 氏名 宮田 麻理子
機関 東京女子医科大学・生理学講座・神経生理分野
専門分野 神経生理学
リンク http://www.twmu.ac.jp/neurophysiology/
研究分担者 氏名 鳴島 円
機関 生理学研究所 生体恒常性発達研究部門
専門分野 神経生理学
リンク http://www.nips.ac.jp/hsdev/
研究の目的 脳では、発達期のごく初期に冗長で未熟なシナプスが形成された後、臨界期の感覚経験によって必要なシナプスは強められて残存し、不要なものはやがて刈り込まれて、精巧で成熟した神経回路が完成される。この「刈り込み」の過程で起きるシナプス機能の変化については依然として不明な点が多く、とりわけ刈り込みの主体であるプレシナプス機能は全く解明されていない。本研究では、マウスのヒゲ感覚を中継する視床のシナプスを用いて、強化されるヒゲ感覚由来のシナプスと、刈り込まれる異所性のシナプスをあらかじめラベルすることにより 、感覚経験で影響をうけるシナプス小胞の開口放出機能の発達変化を解析し、シナプス後部の機能の変化と照らし合わせることで、かつてない精度でシナプス機能の解明を目指す。さらに、E/Iバランスやアストロサイト等にも着目し、臨界期を制御するメカニズムや、シナプスの「強化」と「刈り込み」への役割を明らかにする。

このページの先頭へ