1. HOME
  2. 研究内容(計画)
  3. 金丸 隆志、合原 一幸

研究内容(計画)

A01

A02

科研費

研究内容(計画)

A02 臨界期の操作・再開と脳傷害後の臨界期のメカニズム

研究項目 A02
研究課題 臨界期の回路網形成に関する注意下の擬アトラクター理論による基礎理論構築
研究代表者 氏名 金丸 隆志
機関 工学院大学・先進工学部
専門分野 計算論的神経科学
リンク https://brain.cc.kogakuin.ac.jp/~kanamaru/index-j.html
研究分担者 氏名 合原 一幸
機関 東京大学 国際高等研究所 ニューロインテリジェンス国際研究機構
専門分野 複雑系数理モデリング
リンク https://ircn.jp/mission/people/kazuyuki_aihara
研究の目的 本研究の目的は、臨界期を「生涯にわたって生じ得る、神経回路の再編成と可塑性が亢進する時期」として捉えたときに、その開始・終了・再開過程を計算論的神経科学の観点から数理モデル化することである。臨界期の開始には興奮性シナプスと抑制性シナプスの強さのバランス(E-I balance)が、臨界期の終了にはニコチニックアセチルコリン受容体(nAChR)をもつニューロンの働きの抑制が関わっていることが明らかになりつつある。このnAChRは動物の「注意」レベルの影響をうけるため、臨界期と「注意」の関係を明らかにすることも重要な研究課題となる。E-I balanceや注意の効果を大脳皮質の層構造に取り入れたモデルを作成し、臨界期のメカニズムを数値的に解析する。さらに、皮質層構造のネットワークが形成するアトラクタ構造の景観が「注意」により変化する、という非線形動力学的観点から臨界期の開始・終了・再開のメカニズムを理解することも目指す。

このページの先頭へ