1. HOME
  2. 研究成果

研究成果

IRCN-iPlasticity International Symposium

科研費

研究成果

令和3年8月に大木研一班員から論文が発表されました。また、この内容は2022年8月4日(木)の日本経済新聞電子版の記事として紹介されました。
Modular strategy for development of the hierarchical visual network in mice
Murakami T, Matsui T, Uemura M, Ohki K.
Nature (2022) [論文] [プレスリリース] [日本経済新聞(電子版)]

令和3年6月に宮田麻理子班員から論文が発表されました。また、この内容は2022年7月22日(金)の科学新聞の記事としても紹介されました。
Distinct nociception processing in the dysgranular and barrel regions of the mouse somatosensory cortex
Osaki H, Kanaya M, Ueta Y, Miyata M.
Nature Communications 13, 3622 (2022) [論文] [プレスリリース] [科学新聞の告知]

令和3年3月に宮田麻理子班員から論文が発表されました。
Distinct functional developments of surviving and eliminated presynaptic terminals
Midorikawa M, Miyata M.
PNAS 118, e2022423118 (2021) [論文][プレスリリース]

令和3年3月に宮田麻理子班員から論文が発表されました。
Brainstem local microglia induce whisker map plasticity in the thalamus after peripheral nerve injury
Ueta Y, Miyata M.
Cell Reports 34, 108823 (2021) [論文][プレスリリース]

このページの先頭へ